不動産鑑定評価

不動産鑑定評価

不動産の鑑定評価とは、不動産鑑定士が「不動産の鑑定評価に関する法律」に基づき、合理的な市場で形成される正常な価格を的確に把握することを目的とするものです。詳細な調査と高度な要因分析を行って作成された不動産鑑定評価書は、不動産の客観的かつ適正な価値を証明するものとして有力な立証資料となるとともに、企業経営をサポートする重要な時価情報にもなります。
ミソノサービスグループの豊富なマーケット情報と中部地区最大級の管理実績から算出される的確なキャッシュフローを分析し、質の高い鑑定評価書をご提出いたします。

<不動産鑑定評価書の活用例>

不動産鑑定評価は、地価公示等の公的評価以外でも、様々な場面で活用することができます。
以下にそれらのニーズの一例を紹介します。


企業会計上の時価評価 国際財務報告基準(IFRS)と同様の会計基準の導入に向けて固定資産の減損処理、賃貸等不動産の時価開示など、財務諸表の様々な場面で不動産の時価評価が必要となっています。
税務上の証明資料 親族間、同族会社と個人間、関係会社間等において売買を行う場合に、売買等の対象不動産の客観的価格の証明資料として鑑定評価書を活用できます。
事業承継・相続 後継者の事業承継・相続に関しては、保有・相続対象財産の状況並び評価が不可欠になります。財産目録の作成と鑑定教科で、スムーズな手続きをサポートいたします。
不動産担保 不動産を担保に銀行から事業資金を借りる場合は、鑑定評価書があれば融資額の予想ができるとともに、物件の状況等を的確に金融機関等に伝えることができ、迅速な融資を期待することができます。
不動産売買・交換 不動産を売りたいとき、買いたいとき、他の資産と交換するとき鑑定評価を利用すれば、校正・中立な第三者の立場からその不動産の適正な価格を判断できます。
賃貸借(家賃・地代) 保有する不動産を賃貸借する場合や契約更新のとき、あるいは地代・家賃の改正を行うとき鑑定評価を利用すれば、公正・中立な第三者の立場からその不動産の適正な価格を判断できます。

<不動産鑑定評価の手順>

STEP1

ご相談・お問い合わせ

お電話、メールにて、弊社までお問い合わせください。担当者がご相談・ご説明させて頂きます。

STEP2

御打合せ

お客様のご要望や対象不動産の概要をヒアリングし、鑑定評価の依頼目的及び条件等について確認させて頂きます。

STEP3

御見積り・業務委託契約締結

御打合せに基づいた見積書を提示いたします。見積内容にご了承頂ければ、業務委託契約を締結し、業務を開始いたします。

STEP4

鑑定業務

鑑定評価に必要な価格形成要因資料を収集し、多角的に分析を行います。原価方式、比較方式、収益方式の三方式を併用して鑑定評価額を決定します。

STEP5

鑑定評価書の作成

鑑定評価書を作成し、発行させて頂きます。